ドレスの色、体型に合わせたブーケの選び方

プリザーブドフラワーブーケ








ブーケの種類、色、合うドレス




ブライダルブーケ一覧
キャスケードブーケ
オーダーメイドブーケ
ブートニア
ヘッドドレス
花冠
両親贈答花
アレンジメント(休止中)



ブーケの種類、選び方
プリザーブドフラワーとは?




よくあるご質問
ご購入の流れ/特定商取引法の記載
送料・配送方法
お支払い方法
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ

【定休日】
土、日、祝日

【通常送料】
一律1,200円
(現在、送料無料キャンペーン期間中)

■yahoo!Japan認定店
■ネット通販限定


 


初めての結婚式でブーケを決めるには、実はみんなわからないことだらけ。
こちらではブーケの基礎的な種類やドレスや体格との相性を説明しています。



ウェディングブーケの歴史
その昔ヨーロッパで、ある青年ががプロポーズをするために女性のところへ向かう途中、野花をつんで花束にしてプレゼントしたことが始まりだとか。
女性がその花の中から一輪を男性の胸元に挿して返事をしたことが、花婿のブートニアになったそうです。
そんな言い伝えがブーケ(新婦がもつ花束)とブートニア(男性の胸元に付ける花)のはじまりといわれています。  
ブーケの白は「純潔」を、葉の緑は「永遠」を表しているため、キリスト式の挙式では新婦は百合やバラなど、白い花を使ったブーケを持ちます。
披露宴では雰囲気を変えるために、カラードレスに合った色のついたブーケに持ち替える花嫁さんが多いようです。
新郎のブートニアは、ブーケに使用しているものと同じ花を2,3輪使って作ります。 新婦のヘッドドレスにも同様の花を使用します。


  ウェディングブーケのスタイル
ウェディングブーケのスタイルは多様です。
体型やドレスのライン、会場の雰囲気とバランスのよい形を選んでください。
以下に、主なスタイルについてまとめてみます。


キャスケード 下に葉が長くのびるスタイル。主に挙式で使用されるフォーマルな形。美しく、気品のある印象を与え、花嫁の存在感が際立ちます。
特にクラシックなデザインやマーメイドのドレスによく似合います。長いトレーンにはキャスケードブーケが相応しいでしょう。
ゴージャスでエレガントな雰囲気を出したい方、格式のある結婚式には特にお勧めです。
西洋では、皇族、貴族は必ずキャスケードブーケを持ちます。
ラウンド 花を小さく丸くまとめた、かわいらしい印象のスタイル。
どの会場・ドレスにも合う万能な形。一般的なブーケはラウンドです。
ティアドロップ 涙のしずくを逆さまにした形。
「ラウンドでは物足りないけど、キャスケードまでは…」と言う方におすすめ。価格はラウンドとそれほど変わりませんが、グッと華やかな印象になります。
 メリア たくさんの花の花びらをバラし、まるで大輪の花のように再現するデザインブーケ。プリザーブドフラワーならではのデザインで、ゴージャスでロマンチックな印象。(生花でも作れますが、品質の維持が困難です。)
白無垢、色打掛にもよく似合います。真っ赤なメリアのヘッドドレスはくっきりと浮かび上がるようで、和装との相性がとても良いですよ。
ボールブーケ 個性的で、人気の高まっているスタイル。
レストランウェディングやゲストハウスウェディングにおすすめですが、最近では格式のある結婚式にも好まれるようになってきました。
 バッグブーケ 個性的で、人気の高まっているスタイル。
レストランウェディングやゲストハウスウェディングにおすすめですが、最近では格式のある結婚式にも好まれるようになってきました。
和装ブーケ 和装の披露宴で、主に色内掛けに合わせるブーケ。
ラウンドブーケを持たれる方もいらっしゃいますが、ピンポン菊などで作ったボールブーケや、存在感抜群のメリアブーケが人気です。
クレセント  左右にアシンメトリーに流れるブーケ。個性的で、作成に高い技術が求められます。
 オーバル  大きめの楕円形。やわらかく優しい雰囲気です。
 クラッチ 茎を束ねてリボンでとめたスタイル。ナチュラルな印象です。
ライトなイメージなので、パーティーウエディングに向いています。
プリザーブドフラワーは茎がありませんので、あまりお勧めできません。
 フリースタイル  ボールブーケやバッグブーケ、リースで首にかけるスタイルなど、型にとらわれない自由なスタイルを指します。レストランウェディングやゲストハウスウェディングにおすすめですが、最近では格式のある結婚式にも好まれるようになってきました。




 ブーケを決める時のポイント
ご自分の体の特徴、ドレスのデザインや色、会場の雰囲気を考えながら検討します。
(お色直しでブーケを変えない場合には、カラードレスに合った色を入れた、白基調のものにするのも良いでしょう。)

フローリストと打ち合わせをする時には、会場の雰囲気、ドレスの写真、参考になるブーケの写真などをご提示されると、よりイメージが伝わりやすくなります。
好きな色や雰囲気などの希望を伝えながら、プロの意見も参考にしてみると良いでしょう。
(定番ブーケをご購入でも、お写真を送っていただければ、サービスで多少の変化をお付けすることができます。)
また、 ブートニアやヘッド ドレスを希望する場合にはブーケの打ち合わせ時にまとめて相談しておきましょう。



体型と、似合うブーケについて


体型やドレスのライン、会場の雰囲気とバランスのよい形を選んでください.
標準体型の人はどのブーケでも似合います。

キャスケード やせ形でボリュームを出したい人にはおすすめ。
縦に流れるラインなので、体の丸みを隠したい人にもおすすめ。
背の高い人が持つと、縦のラインが強調されてとてもかっこいいです。
ラウンド コロンと丸いシルエットですので、小柄な人が持つと特に可愛らしいです。
ボディラインが太めの方には丸みを強調しますので、どちらかというとおすすめはできません。
ティアドロップ 体の丸みを隠したい場合には、ラウンドよりティアドロップ(またはキャスケード)をお勧めします。
 メリア やせ形の人には特によく合います。
ボディラインが太めの方には丸みを強調しますので、どちらかというとあまりおすすめできません。
ボールブーケ コロンと丸いシルエットですので、小柄な人が持つと特に可愛らしいです。
ボディラインが太めの方には丸みを強調しますので、あまりおすすめできません。
 バッグブーケ 小柄な人が持つと特に可愛らしいです。




肌の色とブーケ、ドレスの色の相性

実は、人は肌の色によって、似合う色が大体決まっています。
似合う色を身につけると肌の血色が良く見えたり、その人自身の美しさが最大限に引き出されます。逆に、どんなに好きな色でも、似合わない色を身につけると、肌のくすみが目立ったり、どこか違和感が出てしまうことがあります。
是非、ご自身の肌の色をお確かめになり、もっとも美しい姿で、結婚式を楽しんでくださいね。


■肌色とドレスの色の相性
  • ブーケは顔から遠いところに持つことと、それ自体の面積が少ないので、それほど神経質になる必要はありませんが、ドレスは肌の色と似合うドレスの色が大きく関係します。

○肌の色が明るめで黄味がかっている場合

 

→春を思わせる温かく優しい色

黄色ベ|スの色

○肌の色が暗めで黄味がかっている場合
→秋を思わせる深みのある落ち着いた色
(ウェディングドレスはオフホワイトやシャンパンピンクなどがおすすめ。)
 


○肌の色が明るめでピンクがかっている場合

 

→夏を思わせる涼しげなパステルカラー
(ウェディングドレスは真っ白なものがおすすめ。)

青ベ|スの色


○肌の色が暗めでピンクがかっている場合

→冬を思わせる、原色を中心にしたビビットな色
(ウェディングドレスは真っ白なものがおすすめ。)



ドレスの色とブーケの色
  • ○ドレスの色とブーケの色は変えるのがお勧め。あまり似ているとブーケがドレスと同化してしまい、目立たなくなります。同系色にする場合は濃淡にメリハリをつけたり、反対色を使うのもよいでしょう。
  • ○ブーケに暗い色ばかりを使用すると、地味な印象になることもあります。
    特に会場の照明が暗めの場合、暗い色は写真を撮った時に黒っぽく映ることがありますので、ご注意ください。
  • ○ドレスがシンプルな場合には複数の色を使ったブーケは華やかで素敵ですが、ドレスが凝ったデザインの場合には単色のブーケをお勧めします。
  • ○以下に少しだけ例をあげて見ます。是非ご参考になさってくださいね。

ドレスの色 ブーケの色(例1) ブーケの色(例2)

 

 
   +  

 

   +  
   +  

 

   +  
   +  
 
   +  
   +  
 
 
   +  
 
   +  
   +  
 
   +  
   +  



最後に…
ウェディングブーケ選びは人生で一度きりの素敵な時間。
是非、納得行くまでたくさん調べて、悩んでください。
あなただけの運命のブーケに巡り合えますように☆☆




合わせて読みたいコラム


生花?プリザーブドフラワー?で迷っている方へ
プリザーブドフラワーとは?
ブーケの値段の違いは?(激安ブーケはなぜ安い?)
トップページ
定番ブーケを見る